Entries

浴室の汚れにあったバスクリーナーのタイプ

お風呂場の汚れは、石鹸カス・水あか・皮脂油・水に含まれるカルシウムなどが石灰化したスケールなどです。それらの汚れは放置しておくと汚れの上に更に汚れが蓄積してしまいます。清潔なお風呂を維持する一番の方法は、毎日の使用後にバスクリーナーを用いた洗浄です。バスクリーナーといっても、種類は大きく分けて、3タイプあります。アルカリ性・酸性・中性です。それぞれ汚れに対しての特徴や使用方法が違います。アルカリ性...

車のウィンドウコーティングは乾燥時間を守れば拭いても大丈夫

自分の愛車のフロンガラス等にコーテイング剤を施工しているケースが多いので、サービスステーション(=SS,ガソリンスタンド)でのガラス拭きを断る場合もありますね。オーナーさんのこだわりもあるので、SSのスタッフさんも事前に聞いてくれます。最近ではセルフが多くなり、ガラス拭きサービスをするSSも少なくなりましたので、むしろこのように聞いてくれるSSスタッフさんのサービスと心遣いは嬉しいです。メーカーの視点でいい...

汚れが目立たないボディの色は?

車の購入時に何色にするか。悩みますね~。お手入れも考えて色を決めることもありますよね。事実、お手入れをあまりしなくてもキレイに見える色があります。ここでいうキレイに見えるという意味は、汚れが目立たない事です。一番汚れが目立たないボディの色は何色でしょうか?正解はシルバーです。またシルバー色は洗車もしやすいです。ワックスを掛け拭き上げ時にもムラが目立ちません。しかし汚れが目立たないだけであって、汚れ...

洗車のあとの水拭きは重要、では雨が降ったあとは?

過去のポスト「洗車のシミ三兄弟」「長生きボディの分かれ目!最後の水拭き」でも書きましたが、車の塗装のシミ対策に水拭きを強くオススメしています。極論すれば雨のあとも水拭きをしたほうが良いです。といっても、雨が降るたびに洗車を行うのは大変でしょうから、こだわりの一例としてください。通常、雨が降った時は、雨と一緒に空気中のホコリや排気ガスなどの汚れを含んだ雨滴が塗装面に付着してしまいます。そうなると塗装...

車の室内、略して車内のお掃除方法

車内の掃除をするにあたり、どのような箇所があり、どのような材質があるかを確認します。○フロント・サイド・リアのガラス面。○ダッシュボードのプラス製・○シートの布製・皮製・ビニール製。○シートベルトの留具やハンドルの一部の鍍金。○オーディオやナビといった電気製品色んな素材がありますね。それぞれの素材にあった洗浄剤の使用や洗浄方法で掃除をしなければなりません。ガラス部分はガラスクリーナーを使用します。ガラ...

パイプ(排水管)の汚れ・詰まりの原因は?

家庭において排水管というものは、いくつかの場所に存在しております。場所によって排水管そのものの汚れの原因は異なります。存在する場所としては、台所、洗面所、浴室の床・浴槽の排水、トイレといったところです。台所の排水管の汚れ食器の油汚れや洗剤分が水と一緒に流れる時に排水管の周りに付着し、その繰り返しにより汚れが蓄積されていきます。洗面所の汚れ洗剤分や石けん素材などの蓄積が主な原因になります。 浴室の排...

大きい車の洗車しづらい場所にはしっかりコーティングを

洗いづらいルーフなどは、脚立の上に乗って、枝の先にスポンジが付いた洗車用スポンジを使えば作業しやすいです。しかし、大型のワンボック車はやっぱり洗車が大変ですね。汚れ取りやワックス掛けは特に。ですから、新車購入時にコーティングを施工して、定期的に水洗いだけすればお手入れは比較的簡単です。コイン洗車場へ行けば専用の脚立も準備されているので、そのような場所を利用するのも良いかも。脚立に乗りながらワックス...

知っておきたい「○年間ノーワックス」の意味

コーティング剤自体が、○年間初期と同じ状態で付着して、その効果を持続するのには無理があります。どうしても車は外を走るし、雨にもあたり、空気中の排気ガスの汚れやホコリが付着し、効果も除々に低下します。ここで言われるような○年間ノーワックスとは、定期的なメンテナンスを施工することにより、塗装面を綺麗な状態に保ち、光沢感・撥水・親水効果を持続させることです。コーテティング施工車は、未施工車に比べて汚れは付...

シャンプーしても落ちない!?タイヤホイールの黒い汚れ

タイヤホイールのこの汚れは、ズバリ、タイヤ裏側にあるブレーキパットの粉塵です。ブレーキダストと呼ばれます。ブレーキは、ブレーキパットがデイスクを挟んで、速度が緩めて止まる仕組みになっています。ブレーキダストは、その時の摩擦でブレーキパットが削れてホイール部分に刺さって出来た汚れです。そこに油汚れやホコリが付着して、さらに黒くなります。この汚れの粉塵は鉄粉なので、カーシャンプーで洗浄しても表面の汚れ...

車の塗装部分の劣化を抑えるためにやるべきこと

塗装面の劣化の原因は、降雨時の酸性雨、空気中の排気ガスの汚れ、ホコリの付着、また紫外線の影響が大きなものです。そうした事から塗装面の保護はご存知のとおりボディコーティングを施工するのが良いでしょう。また、コーティングをしていれば、水洗いだけでも簡単に汚れの除去もできますしね。あと、気にするべきことは塗装面に付着した鉄粉です。特に線路の近くにお住まいの方の場合、そのまま放置しておくと鉄粉自体が錆出し...

車用ガラスの撥水コーティング剤を選ぶ時に知っておきたい特徴

車用ガラスの撥水コーティング剤には大きく分けてフッ素系とシリコーン系の2種類があります。基本はこのどちらかになるので、それぞれの特徴を知っておきましょう。フッ素系とは、フッ素化合物と溶剤などを主成分としたもので、水滴の撥水は、棒状になり流れるような飛水をします。耐久性は各メーカーによって異なりますが、比較的長めで、3ヶ月~1年程度の効果があります。効果の低下も急になくなるのではなく、少しずつなくなる...

洗車と燃費は関係あるの?

洗車前と洗車後の燃費は直接の関係はありませんが、燃費の良い運転をするために欠かせない、運転環境の向上につながります。綺麗なフロントガラスでの視界良好な運転であれば、ECOドライブに役立ちます。フロントガラスに撥水剤を施工してあれば、雨の日でも無理のない運転になり、それがECOドライブにつながって燃費向上に貢献できますよね。また、冬、降雪の日、車にワックスやコーティングを施しておけば、何もしていない車に比...

ワックスに汚れがつきやすい理由

ワックスに汚れがつきやすいのは、ベタつきが出てきた時に特に感じますよね。ところでワックスってどういう意味か、ご存知ですか?艶出し、という言葉だけのイメージがありますけど、そもそも蝋(ロウ)って意味なんです。ロウソクのロウ。つまり、このベタツキと、汚れのつきやすさの原因はそれなのですね。車用ボディーワックスの成分と配合目的基本的に市販のワックスは以下の成分と配合目的をもって構成されています。○天然カ...

毎日、車を水洗いしても大丈夫?

本日はスタッフから出た素朴な疑問ですが、いい質問なのでみなさんにもシェアしたいと思います。「毎日、水洗いをしても大丈夫?」大丈夫です。愛車の美しさにこだわる方に是非オススメしたいくらい。そもそも車は雨や風の中でも移動する事があるのですから、そのくらいは耐えられるようになっています。確かにスポンジでこすりすぎるのはよくないですが、汚れが固定する前に水で洗い流すのはとても良いことです。また、車は基本的...

シャンプー洗車をする時に気をつけたい10項目

基本的なシャンプーの使い方を10項目にまとめました。こういう基本は何度でも見て、身につけておきたいですね。水はけの良い場所を選ぶ。水と泡を使って洗車をしますので地面にその汚れが落ちます。また、タイル等の滑りやすいところでは洗車中に転んで怪我をする恐れもありますので、コンクリートやセメントが良いでしょう。水が借りられる洗車場を利用するのもいいですね。カーシャンプーを使う前にまず水洗いをする。洗車前は、...

タイヤワックスの水性と油性の違いは?

タイヤワックスは大きく分けて水性タイプと油性タイプがあります。この2つの違いを見ていきましょう。■外観水性:乳白色。油性:透明な色。水性と油性は成分によって外観が異なります。お店でタイヤワックスを手にとってみても中身が見えているパッケージは少ないかもしれませんが豆知識として。■光沢水性:油性に比べ光沢は弱い。油性:光沢に非常に優れる。光沢は使用する人の好みがあり、双方のファンがいます。さらっとした光...

水洗いだけでカーシャンプーはしなくてもいい?

普段使いなら水洗いだけでもOKです。が、定期的なシャンプー洗車や、頑固な水垢汚れにボディクリーナーを使ったメンテナンスも必要です。コーティング車などは強度な皮膜で塗装面が保護されているので、定期的な水洗いだけでも、砂・ホコリの除去はたしかに有効です。それでも汚れの積み重なりを避ける事ができないので、2~3ヶ月に1回程度のカーシャンプーや専用メンテナンス剤を使用して、汚れのリセットをお勧めしています。大...

ボディコーティングを選ぶ基準

■ボディコーティングとはボディの表面にシリコーン・溶剤・ガラス系樹脂などを用いて強固な皮膜を形成し、紫外線や酸性雨などから塗装面を保護し汚れにくくするものです。車のボディコーティングといっても製品特性は様々です。また、それぞれの表現の仕方も各メーカーによって色々あります。ポリマー系、カラス系といったようにです。そんなボディコーティングの選び方の物差しは、撥水タイプ(水滴状)か親水タイプ(水滴になら...

Appendix

プロフィール

takumisenka

Author:takumisenka
横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR