Entries

キズが消えるワックスってどんな原理でそうなるの?

車に使われるワックスの主な成分は、シリコーンオイル、溶剤、天然のカルナバロウです。原理としては天然カルナバロウが小キズに入り込み、キズを埋め、塗装表面をツルツルに均一にします、光の反射を良く見せることです。また、シリコーン成分や溶剤成分により更に光沢感を増します。ワックスには、水アカ取り効果のある研磨剤配合タイプと天然カルナバロウを中心とした研磨剤を含まないものがあります。研磨剤を配合することによ...

推奨されていない箇所にコーティングを塗ってしまったら

コーティング剤は基本的には車に塗装面用に作られていますで、それ以外の箇所に付着したまま放置するとクスミの原因になったり、コーテリング剤が付着せずにすぐに取れたりすることがあります。塗装面以外の箇所としては、ガラス面・サイドガラスの下のゴム・エンブレムに使われているメッキ・タイヤのゴム・アルミホイールがあります。そのような箇所にコーティング剤が付いてしまった時は、まずは水で硬く絞ったタオルで拭き上げ...

刺激の強い洗剤を扱う時に気をつける事は?

家庭用の洗剤には、洗浄する汚れに応じて洗剤の種類が3つ分けることができます。台所周辺のコンロや換気扇などは天ぷら油や食材の動・植物油の汚れが付着します。そのような汚れには、アルカリ性の洗剤を使用することが多いです。また、浴室の湯あか汚れや、水道蛇口(カラン)のスケール汚れや、トイレの便器の汚れには、酸性の洗剤を使用することが多いです。また、洗浄力はやや劣るものお、安全性のことから中性タイプ洗剤を使...

コーティングの撥水と親水の違いのメリット、デメリットを教えて

コーティングを施工するということは、以前にもお話しましたように、塗装面の艶・光沢感の見栄えと紫外線や酸性雨がら塗装面を保護し、その効果を持続されることです。その効果の持続性を目で見て分かる基準が撥水を掛けたときの水はじきの状態です。この状態の水のはじき方には、2つのタイプがそれぞれのコーティング剤の特徴によりあります。1つは、水を掛けた時に、球状になって流れ落ちる撥水タイプです。このタイプは以前か...

ディーラーの展示車のような感じに仕上げる

ディーラーでの展示車は新車であるため、新車の輝きと光沢感があります。また、展示商品ということもあり、照明機材などを駆使して、さらに見栄えを良くしています。ですから、新車と全く同じ輝きを創り出すことは、なかなか困難ではありますが、最近のコーティング剤は多種多様に進化しているので、新車に近い輝きを出すものも多く見られます。車をピカピカに仕上げるには、コーティング剤選びも重要ですが、一番大切なことは、な...

基本的なフローリングのお掃除とワックスの掛け方

フローリング床材のお掃除手順です。1)床材の砂ホコリや髪の毛などのゴミを綺麗に掃き掃除で除去します。ゴミが残っていると、後でワックスを掛ける場合にゴミを巻き込んでしましい、せっかくのワックスの光沢観も台無しになってしまうからです。2)次に床洗剤などを使い、フローリングの表面の汚れや古くなったワックス分をモップなどを使用して洗浄。特に汚れの酷い場合は、専用のパットを使用するとよいでしょう。また、洗浄...

塗装色に合わせたシャンプーってどんなものがあるの?

カーシャンプーは、洗剤の力で汚れを浮かしたり分解をします。しかし、シャンプーの効果だけでは、汚れ(水アカ)を完全に除去することが難しく、スポンジやムートンなどで擦ることによって、塗装面との摩擦を少なくしながら、より汚れを取りやすくします。塗装色に合ったシャンプー。ここで言う塗装色はソリッド系白、メタリック系で分けましょう。以前、掲載したことのある、「車の塗装の種類ってどんなものがあるの?」を参考に...

Appendix

プロフィール

takumisenka

Author:takumisenka
横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR