FC2ブログ

お風呂掃除を効果的にするシッピング作業



浴室の基本的な掃除方法は、バスクリーナーなどの洗剤を吹きかけ、数分間浸透させてからブラッシンをし、水でしっかり洗い流す。これだけです。


掃除のポイントは浸透させること。浴槽内外の側面や室内側面に液体バスクリーナーを吹きかけたりすると、汚れに浸透する前に流れ落ちてしまい、バスクリーナーの効果が十分発揮できなくなってしまいます。そこで、シッピング作業をお勧めします。


シッピング作業とは、ティシュペーパーなどにバスクリーナーを染込ませて側面に付着させる作業のことです。そうすることでバスクリーナーが流れ落ちず汚れに付着して浸透します。


浴槽の外側の側面には、繋ぎ目的な凸凹箇所があり、凹の部分には汚れが溜まりやすくなりますので意識的に掃除をしてください。シャンプーやリンスなどをおくラックを使用している方はラックの下も注視しましょう。


水道蛇口台、ステンレス製のカランの部分には、スケール化した石鹸カスの白い斑点状のものが付着しています。掃除方法としては以前お話した「浴室の汚れにあったバスクリーナーのタイプ」にもありましたが、酸性タイプがお勧めです。


さらに見落としてしまうのがバス椅子の裏側の汚れです。裏側は特にカビが発生しやすいので、中性タイプの洗剤で洗い、水気をよく切って、たまには天気の良い日に干すと良いでしょう。


浴室の掃除箇所は、浴槽の内側、床面、壁面、天井などがありますね。空気や湿気がこもりやすい環境でもありますので、換気に十分注意してください。


バスルーム洗浄剤ストロングPro 【業務用】
バスルーム洗浄剤ストロングPro 【業務用】
関連記事
スポンサーサイト



takumisenka

横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています

プロフィール

takumisenka

Author:takumisenka
横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています