FC2ブログ

基本的なフローリングのお掃除とワックスの掛け方




フローリング床材のお掃除手順です。


1)床材の砂ホコリや髪の毛などのゴミを綺麗に掃き掃除で除去します。
ゴミが残っていると、後でワックスを掛ける場合にゴミを巻き込んでしましい、せっかくのワックスの光沢観も台無しになってしまうからです。


2)次に床洗剤などを使い、フローリングの表面の汚れや古くなったワックス分をモップなどを使用して洗浄。
特に汚れの酷い場合は、専用のパットを使用するとよいでしょう。また、洗浄するときは、部屋・事務所の奥から手前にかけて行ってください。洗剤の洗浄後は水拭きを十分に行い洗剤分をしっかり取り除いてください。洗剤分が残っているとワックスを掛けたとき密着が悪く、浮いてくることがあります。水拭きが終わったら、水分をしっかり乾燥させて、ワックス掛けの準備をしてください。


フローリングにワックスを掛ける効果としては、大きくわけて2つあります。
1つ目は、フローリングの上にワックスを塗ることによって、ワックスの成分である、樹脂分が塗膜を形成します。その塗膜がクッションの役割を果たしキズや汚れが付着し難くなり、ワックスによりフローリングの表面を保護します。
2つ目は、ワックスを塗ることで、艶観が出て、綺麗に見えることです。フローリングの表面の凸凹にワックスが入り込み表面を平たくすることで、光沢を均一に反射させるためです。


3)ワックスを掛ける。
ワックスの掛け方は洗浄作業と同じで、奥から手前に順番にムラ・カスレが無いようにモップの返し部分が重なり合うように掛けます。ワックスの光沢・耐久性を出すためにも、2回塗りをお勧めします。この場合の注意点としては、1回目に塗布したワックス分が完全に乾燥してから、2回目のワックスを塗布してください。


4)掃除用具の後片付け作業としてはこれで終了ですが、掃除道具もしっかりお手入れをしておきましょう。洗剤拭き・ワックス用モップは別々に水の中で十分に洗い、乾燥させてください。モップは吊るして保管するとモップの寿命も長くなります。また、洗剤用モップとワックス用モップは識別をはっきり分かるようにしておいてください。
関連記事
スポンサーサイト



takumisenka

横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています

プロフィール

takumisenka

Author:takumisenka
横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています