FC2ブログ

ディーラーの展示車のような感じに仕上げる




ディーラーでの展示車は新車であるため、新車の輝きと光沢感があります。また、展示商品ということもあり、照明機材などを駆使して、さらに見栄えを良くしています。ですから、新車と全く同じ輝きを創り出すことは、なかなか困難ではありますが、最近のコーティング剤は多種多様に進化しているので、新車に近い輝きを出すものも多く見られます。


車をピカピカに仕上げるには、コーティング剤選びも重要ですが、一番大切なことは、なんと言ってもコーティング前の下地処理です。


下地処理とは
コーティング剤を施工塗布する前に、塗装面に付着した水アカや小キズや鉄粉を除去し、塗装面を鏡面状にツルツルの状態を作り上げることです。専門のコーティング店では下地処理作業に半日・1日掛ける場合もあります。


下地処理作業
1)最初に塗装面に付着した砂やホコリをカーシャンプーで洗い流し、次に塗装面に付着した、鉄粉の除去を専用のクリーナーやネンドで除去します。
2)次に塗装面の水アカや小キズや古いワックス分などを、研磨剤で除去します。この時、ポリッシャーを使用することにより、作業効率も上がりますし、均一に汚れの除去ができます。


専門店などでは、研磨作業を2工程行う場合もあります。
1工程目で粗めの粒子の研磨剤をウールバフで施工し大まかな汚れを除去。
2工程目で細かい粒子の研磨剤をスポンジバフで施工し、ツルツルな鏡面をつくりだします。


こうした作業の後にコーティング剤を塗布します。いくら高品質のコーティング剤を使用しても下地処理がきっちりされていなければ、光沢感も撥水性(親水性)も耐久効果も半減してしまうこともあります。コーティングは塗装面にシリコーンや溶剤等を含むラップフィルムを被せるような原理なので、下地が綺麗な状態でないと塗装面とコーティング剤の密着が悪くなってしまうからです。


コーティング剤の種類も色々ありますが、何を重視するかによります。光沢感・撥水性・親水性・耐久性・商品の金額・自分で施工するか・専門店で施工するかといったことです。いずれにしても、下地処理の作業はお忘れなく。


匠洗科では愛車まるごとシャンプーや塗装のクリーニング剤をお勧めします、また仕上げのコーティング剤は、簡単タイプの塗装の撥水・艶出し剤もあわせてどうぞ!

▼商品詳細へのリンク






匠洗科ロゴ
匠洗科のECサイトはこちら
http://takumisenka.jp/
関連記事
スポンサーサイト



takumisenka

横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています

プロフィール

takumisenka

Author:takumisenka
横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています