FC2ブログ

カビ落とし洗剤の効果と注意点


カビ落とし用洗剤は、次亜塩素酸ナトリュームと界面活性剤を主成分とした塩素系の洗剤です。
効果は、カビの胞子や細菌を殺菌し、更に漂白してカビを消すことができます。カビ取り剤を噴霧した時に吸い込んだりするとムセテしまうので、飛散を防ぐためにも泡状やジェル状に噴霧するタイプのスプレーボトルを使用しているものが多いです。


カビ取り剤の上手な使用方法は、カビ取り剤を塗ってそのままにすることです。
塩素系カビ取り剤は、カビ自体を殺菌漂白してカビを消すので、塗ってそのままにすることで、時間とともにカビに浸透していきます。カビ取り剤を散らしてしまうと、殺菌漂白時間が短くなるので、カビ取り効果が悪くなります。もちろん最終的には、カビ取り剤が残ってしまうので、水でよく洗い流してください。

カビ取り剤などを使用すると、タイル目地が痩せてしまうとか傷めてしまうとか言われる方もいらっしゃいますが、そのような心配はいりません。理由は、タイル目地にはホワイトセメンが使用されているからです。セメントはアルカリ性で、カビ取り剤も同じアルカリ性のため、目地への影響はありません。


カビ取り剤を使用する上での注意点は、皮膚、粘膜への付着です。
アルカリ性洗剤なので、使用する時はゴム手袋や保護メガネを着用をしてください。手に付いてしまった場合は水洗いし、お酢で洗うと中和され、ヌルヌル感もなくなります。さらにカビ取り剤は漂白効果があるので衣服に付くと色が抜けてしまいます。また、アルミ・ステンレスなどの金属箇所に付着すると、変色し、サビの原因になるので、カバーなどで養生することもお勧めします。

カビ取り剤を安全に使用するには、換気に十分に注意して、広範囲のカビ除去をするときには何回に分けて作業をした方が良いでしょう。ツンとした臭いを吸い込むと気分が悪くなることもありますので。最後に、酸性洗剤とは混ぜないでください。混ざると塩素ガスを発生して大変危険です。《混ぜるな危険》の表示のある酸性洗剤とは絶対に混ぜないでください。
関連記事
スポンサーサイト



takumisenka

横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています

プロフィール

takumisenka

Author:takumisenka
横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています