大理石につかえない洗剤がありますが、何がいけないのでしょうか?

大理石

リッチなイメージがある大理石。

高級マンションの浴室にも使われているようですが、

その性質は、非常に柔らかい石で、もろく、特に酸性に弱いためレモン汁で溶けてしまいます。




さらに、時間が経つにつれ表面もボロボロになっていくため、

使用する洗剤は相当限られます。

洗浄だけでは綺麗にならず、光沢も維持するためには、

定期的な研磨(磨き)も必要となってきます。

日常、週間、月間の洗浄やお手入れが必要です。


さて、そのお手入れに使える洗剤ですが、

見分け方は、使用洗剤成分表示を確認してください。



■使用しても良い洗剤
中性洗剤



■使用NGな洗剤
以下の表示があるものはNG
・金属封鎖剤
・水軟化剤
・キレート剤
・アルカリ性の洗剤
・酸性の洗剤。




大理石は、手間暇かける時間とお金に余裕があってこそ維持ができるので、

だからこそ高級石材として使われているのですね。



匠洗科ロゴ
匠洗科のECサイトはこちら
http://takumisenka.jp/
関連記事
スポンサーサイト

takumisenka

横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています

プロフィール

takumisenka

Author:takumisenka
横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています