梅雨だけじゃない、冬に発生するカビ対策

結露

こんにちは匠洗科です。
ぐっと気温が下がり、本格的な冬がやってきたなという感じです。

今回は冬に発生するカビのお話。
「冬は乾燥しているし、カビなんて生えないんじゃない?」
と思っている方。

ぜひ最後まで読んでください!!

【寒いので窓を閉め切っている】
【乾燥しているので加湿器をつけている】
【乾きにくいので洗濯物は部屋干し】


思い当たること、ありませんか?

最近の住宅は気密性が高いので要注意。
意識して空気を循環させないと、湿気が部屋にたまってしまいます。

こういった様々な要因で、カビは室内にどんどん繁殖します。
しかも、冬のカビは色が薄く見落とされがち(泣)

また、室内と屋外の気温差が大きくなれば
カビ発生の原因となる結露も発生します。

風邪でもないのにくしゃみや鼻水が止まらなければ
一度、カビを疑ってみてくださいね。

これら冬場のカビを防ぐために大切なこと

・部屋の換気

午前中の比較的暖かい時間帯はなるべく窓を開けて換気を。
仕事で日中家を空けるのであれば、帰宅後換気扇を回したり
サーキュレーターや空気清浄器で家の中の空気を循環させたりすると良いです。

・結露を放置しない

室内外の温度差が大きくなると発生する結露。
それでなくても冬は鍋物等も多くなり部屋の温度は結構上がります。
結露を見つけたら、放置せずにすぐ拭き取る。
部屋の隅に除湿剤を置くなどの対策を。
お風呂上りの浴室も、冬場は気温が低いため乾きにくくなります。
最後の人は、窓枠や浴室内をざっと拭いてから上がるようにしましょう。

・壁際の家具や窓にかかったカーテンに注意!

気密性の高いコンクリート製の壁などは結露を吸ってカビが生えやすくなっています。
壁にぴったりくっついている家具の裏側はカビの温床。
壁と家具の隙間は数センチあけておくことをお勧めします。
また、カーテンも窓の結露が付きやすいですよね。
これから迎える年末時に大掃除でカーテンを一気に洗いましょう。

それでも生えてしまったカビにはこちらがオススメです
12/22まで大掃除SALE中で3200円が2500円に
カビクリーナー4.5kg


高濃度で強力なカビクリーナーですが、使用時にいくつか注意することが有ります。
※壁紙には使えません
漂白剤が入っているため、カビと一緒に周りの色も落としてしまいます
※使用時には部屋の換気を
※他の製品と混ぜると危険です。必ず単独でお使いください

カビも汚れもすっきり落として、新年を迎える準備をしたいですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

takumisenka

横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています

プロフィール

takumisenka

Author:takumisenka
横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています