FC2ブログ

車カバーの取り扱いで気をつけたい事

洗車用品を製造・販売している匠洗科です。

本日は、車カバーの取り扱いについて。

写真:屋根付き駐車スペースがあればいいけど。
雨、砂埃、黄砂、鳥の糞、虫の死骸。
車は週末だけという方、駐車している車はその間、
外部のいろいろな脅威にさらされています。

そこで活用したいのが車カバー。
カバーひとつでボディの寿命は飛躍的に伸びるといわれています。

その車カバーですが一つ注意があります。

それはキズつき。

シートの中に入った砂などが、シートの取り付け、取り外しごとに
ボディと擦れるため、小キズがつきやすくなるのです。
保護するカバーにキズをつけられては本末転倒。

裏地がムートンのものもありますが、毛の間に砂や小石が
詰まりやすいので特に注意。
車と同時にシートのお手入れも忘れずに!

http://a3.twimg.com/profile_images/1133475179/takumi_senka_reasonably_small.jpg" border="0" width="64" height="64" alt="匠洗科ロゴ">">匠洗科ロゴ
匠洗科のECサイトはこちら
http://takumisenka.jp/
関連記事
スポンサーサイト



takumisenka

横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています

プロフィール

takumisenka

Author:takumisenka
横浜で洗車やハウスクリーニングの強力洗剤を販売している匠洗科です。洗車や車関係、お家のお掃除についての記事を書いています。
匠洗科もtwitterやっています